News

プレスリリース
2016.7.26
健康づくりのキーデバイス=「ウェアラブル活動量計」の 世界的な人気機種、米JAWBONE社製「UP3」に、 待望の『阪神タイガースモデル』が登場! 50セット限定で『藤浪晋太郎投手モデル』も

「ウェアラブル・デジタル活動量計」は、24時間365日装着し続けることにより、歩数などの活動や夜間の睡眠を刻々と記録でき、スマートフォンを介してデータが記録・蓄積され、健康管理や体調不良時の原因追及に期待されています。日々装着することでユーザーの健康づくり意識が醸成され、生活習慣病の予防やアンチエイジングへの活用が注目されています。装着者が一日平均8,000歩と中程度以上の活動を20分行い続けることで、地域の医療費に減少が見られた群馬県中之条町での実証実験結果もあり、高齢化が進む日本で喫緊の課題の切り札になり得ると見られています。

 

しかしながら、元々健康づくりに積極的で自衛意識も強い欧米各国に比べ、必要に迫られて体を動かし始める人が多い日本では、その普及が遅れています。現在、予防活動に積極的な医療機関やスポーツクラブ等の健康づくり施設や「健康経営」に積極的に取り組む企業で専門家の奨めにより利用促進が図られ始めましたが、なかなか認知が広がっていないのが実情。それを打開する手段として、国民的な人気スポーツの有名チームや活躍している選手オリジナルのモデル制作を決めました。

 

今回発売が予定されているのは、世界的に販売され人気を呼んでいる米・JAWBONE社のハイエンドモデル「UP3」をベースにしたもので、本体に「Tigers」のチームロゴが2種入った「タイガースモデル」と、本体に「Tigers」のチームロゴと「19 FUJINAMI」と選手名が記載された「藤浪晋太郎投手モデル」の2製品。藤浪モデルには、本体と同じくチームロゴと選手名が入った電源アダプターも特別に同梱され、50セット限定での発売になります。本拠地の関西地区のみならず全国に熱いファンを多数持つ「阪神タイガース」、その屋台骨を担う実力と人気を兼ね備えた「藤浪晋太郎投手モデル」の発売を機に、デジタル活動量計への関心が高まり、普及に弾みが付くことが期待されます。

 

JAWBONE「UP3」 阪神タイガースモデルは希望小売価格29,800円(消費税別)、藤浪晋太郎投手モデルは希望小売価格39,800円(消費税別)で、いずれも8月下旬より販売開始予定。

 

プレスリリースの原稿はこちら

 

お問い合わせ先

Tel:03-6459-3960

Email:hello@medithink.co.jp

担当者:濱田(浩)、金

スクリーンショット 2016-07-25 16.32.56

 


 

【関連リリース】日本初!ウェアラブル端末を用いた企業向けサービスのお知らせ